リーダーとしての人間性

リーダー試験なるものがある。会社の中で行われる昇格試験の一つだ。
だが、これが本当にリーダーとしての人間性を見るものだとは思えない。
単に会社の情報を把握し、円滑に業務を遂行するための知識の有無を調べているに過ぎない。

そもそもリーダーが持っているべき資質とはなんだろう。皆が同じ方向に向かってすすめるように調整するだけでいいはずがない。
人間性が大切だと思う。
この人なら信じられる、とりあえずついて行ってみよう、と思わせる力が必要である。

人間性はちょっとしたことで表に出てきてしまう。
それは仕事でも例外ではない。
そして、仕事以外でのお付き合いでもでてくる。

だから人間性を高めるは、リーダー資質を高めることにつながる。
単純につながるわけではないかもしれないが、気がつくと、リーダーとしての考え方になっていることが多い。
だからこそ、普段から自然体で、自分を高めることがいいかもしれない。

人間性をどう感じるかは相手がいることなので、難しいが、一般的なことなら誰でも同じだと思う。
しっかりと自分を見つめていくことがいいのかもしれない。

リーダーは、もちろん知識が豊富なほうが頼りがいがある。
だが、まず、最初に大切なのは、相手を信じられるかだと思う。
リーダーである以上、信じてもらえる人にならなければならないし、それは、人間性がはっきりと表にでてきてしまうことなのである。
難しいことを考える必要などなく、ただただ、自分が正しいと思うことを曲げないこと、それが、フラフラしているようにみられず、リーダーらしさをアピールできることだと思う。

«
»