人が生きると書いて人生

よく、「どんな人生にしたい?」なんて話になったりするけど、思い通りの人生を歩める人なんていないんじゃないかと思う。
生きていれば、自分ではどうにもならない事だって起きるし、納得のいかない事にだって遭遇する。

後悔のない人生がいい人生とも聞くけど、実際そんな人なんているんだろうか?
それに後悔をした事がない人って、なんとなく人間的に薄っぺらいと感じてしまう。

だって「私は生まれてこのかた後悔したことは一度もない」なんて面と向かって言われたら?
絶対「なにこの人」って感じると思う。
「私は生まれてこのかた後悔しかしていない」って言う人と同じくらい付き合いずらそう。

まあ、何事にも全力で取り組むとか、失敗をしたとしても全力でやった結果ダメだったんだと納得をすする。つまり「もっと頑張ればよかった」って言う後悔はしないって言う意味なのは分かるけど。
意図せず人を傷つけてしまったり、自分の言ったことややったことで勘違いが発生してしまったり。

生きていたらそういう経験って絶対に出てきてしまうと思う。
その上、自分はそれをその時に気付けなかったり、知らなかったりすると相手に謝ったり、誤解を解く事が出来ない。

そんな状況になってから、相手を傷つけていた事を知ったとして、相手は着信拒否の上、引っ越していて、会う事はおろか電話もメールも繋がらない。
そんな時って反省と後悔をしてしまうと思う。

人を傷つけてしまった事を後悔しないなんて、なんだか冷たい人間だなって感じる。
自分さえよければいい、思い通りの人生を歩むって事は少し間違えると自分勝手な人生を歩むって事になりかねないのかもしれない。

«
»